かって 気ままに・・・

テニスが好き、嵐が好き。 東京住まいの平凡な主婦が、かつて気ままに呟いてます。

備忘録・・・息子が緊急入院、手術  2

3月8日、息子が I病院 に緊急搬送された前回の記事の続きです。



H病院からI病院に緊急搬送される際、H病院で応急処置がされたようで点滴とかされていて、救急車には看護婦さんも付添ってくださいました。
I病院に到着後、処置室に息子は運ばれ、私は部屋の前のパイプ椅子で待たされました。
息子が処置されている間、今の状況など説明され手術の同意書に必要事項を記載し、息子は22時15分ごろストレッチャーで手術室に運ばれていきました。
待っていなければならない私は処置室の前のパイプ椅子からほかフロアに移り、クッションのいい椅子で待ちました。
夫も駆けつけ、入院の手続きなども済ませました。

H病院の急患に次々救急車が到着します。
1時間半ぐらいの間に4台ぐらいは急患が運ばれて着ていました。
椅子で寝てしまっている人や、検察の方、色々な方が結構いました。

22時15分にストレッチャーで手術室に運ばれましたが、手術が終わり私たちがICUに入れたのは、日付が変わるぐらいの時間だったと思います。
夫と一緒にまず息子と対面、手術前と同じように意識はしっかりしていましたが顔色は良くなく、頭が痛いと言っていました。
手術中危篤な状態に陥ることもある、とリスクなどの説明を受けていたので、顔を見てひとまずホッとしました。

その後、担当の医師から手術の説明と病状の説明を受けました。
正直、これはショックでした。
何故なら、血液検査の結果が、心筋梗塞になって当然だよね、というようなひどい数値だったからです。




* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * …


記録するのも疲れます。

また後日、続きを記します。


スポンサーサイト
[ 2017/03/13 16:28 ] 息子の健康 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する