FC2ブログ
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年09月
ARCHIVE ≫ 2012年09月

雷がなってます。今日も無事、終わりますように。

東京、N区、今、雨は降ってないし薄日があたってはいるけれど、雷がなっているのが聞こえます。

雨のライブは記憶に強烈に残るけれど、体か冷えたり、諸々大変です。グッズに並ぶ人たちも大変。嵐さんたち、本物の嵐は呼ばないでね。

私はもちろん、不参加です。
雨に当たらず、無事、今日のフェスが終わりますように。


* pm1時30分 携帯より
スポンサーサイト

20日、アラフェス。…気持ちは変わってなかった。

行って来ましたよ。
24時間テレビもまだまだ見ずに放ってあるし、体調崩して旅行に行ったのでレギュラー番組も見てないものもたくさんだし、アルバム出てないから曲も聞いてなかったから
私、なんか気持ちが冷めてきた?
なんて正直思ったりしなんです。
どこが好きなんだろう?
いい歳して、私、何してるんだろう?
何となく気持ちがイマイチ浮かない、ちょっとおかしいな。
そういう思いを感じながらフェスに参加しました。

だけれど。
フェスは素晴らしかった。懐かしい曲も聞けて、とても盛り上がったし。特にオーケストラの伴奏で歌う彼らに、素敵過ぎて泣きそうになった。すごく楽しかった、幸せだった。好きだという気持ちをたくさん、たくさん感じてきました。
それに自分でもビックリするぐらい力が湧いて。
4時間弱しか眠ってないのに、急遽、娘と朝7時に家を出てグッズの列に並び。グッズは買うつもりはなかったのに、やっぱり並びたくなって。
で、グッズ購入後2時半から1時間ぐらい家に帰って体を休めて、また国立に。フェスを終え、軽く夕飯を食べて家に帰りついたのは11時。
昨日一日、すごい頑張った。
さらに、今日は午前中、テニスのレッスンを受けてきた。
暑かった、疲れていた、汗がすごーく流れたけれど頑張れた。
すごい、私、頑張ってる。頑張れる。

気持ちは変わってなかった。
やっぱり、嵐は最高。嵐にまた会いたい。
ツアー、発表になりましたね。よかった。娘、最近声優さんのイベントばかり行っていて、あれ?嵐は?と心配してたけれど、ツアーの発表があったら泣いてた。いつも泣かない娘が大泣き。それぐらい、みんな待ってたんだよね。よかったよね。
頑張る、私。気持ちの確認ができたから、頑張る。

* pm1時15分 携帯より

いよいよ、明日。

最近、ますます一日、一ヶ月が経つのが早くて、アラフェスも明日になりましが、フェスが始まるよ、という気分にまだイマイチなれていません。いつもは新しいアルバムを引っ提げてのツアーなので予習しないと、と曲を聞いたりしてるうちに気分も盛り上がるんですけどね。今回はちょっと違うのでなーんにもしてないし、うちわも作らず古いので済ませてしまうし、参加できないお友達も多くて単純には喜べない状況でもあるし…。でも、私の年代では、親の介護が始まったり、いつ行けない状態になるかわからないので、行ける時には行っておきたい、明日は楽しんできたいと思います。
天気は大丈夫なようですね、よかったです。

私の体調は良くなりましたが、連休は旦那がダウンしてました。今も辛そうです。デジカメの画像をパソコンに取り込むのは旦那がしてくれていたので、今はしてもらえず、タイ旅行記の画像がアップできません。私自身でやるのは、ちょっとキツイ。 今、あれもこれも、やらなくちゃならないことでいっぱいです。

今ごろリハーサルでしょうかね。
もっとたくさんのファンが幸せになれるツアーの発表はないのかしら?
待ってるんですけど、嬉しいお知らせを。あるといいのに、ツアー。


* pm6時30分 携帯より

13周年の日に。

ハワイの船上で嵐・結成会見をして13年。
あの日の私は、こんなに長く君たちを応援することになるなんて想像できなかったよ。

13周年、おめでとう。
これからも応援しつづけるからね。

携帯より。
Comments (-)Trackbacks (-) | アラシゴト

タイ旅行記。9月11日(6日め、最終日)帰国

いよいよ日本へ帰国の日、朝が早い。空港までの送迎をオプショんでつけていたので、4時半にホテルに迎えが来た。空港ではチェックインカウンターには長い列ができていたが、現地ガイドさんが自動チェックイン機で処理してくれたので、長い列に並ばないでスムーズに手続きがすんで、空港でかなりゆっくり時間ができよかった。時間があるのでサンドイッチの軽い軽食をとった。

午前中7時10分発のタイ国際航空を利用し、成田に向かう。 機中の食事は、搭乗後1時間ぐらいで配られた。私はチキンを頼んだが、お粥のようなごはんの上にチキンのそぼろと野菜が乗っていてた。 美味しいとは言い難い。機内では日本の映画、テルマエロマエを見て過ごした。往時と同様、復時も軽い軽食、クロワッサンサンドが出た。

日本には午後3時半頃着。 その後、スムーズに車で自宅帰り着いた。
薬持参で体調に不安を感じながらの旅、咳や鼻水は出たが、お腹を壊すこともなく帰りついた。

やっぱり、旅行は楽しい。タイ、楽しかった。


追記(11月6日)
タイ旅行から帰って約2ヶ月。 記事は書いてあったが、やっと画像を足して出来あがった。でも、かなり雑な旅行記な気がする。
気になったことは、高層ビルや大きなショッピングセンターなどが立ち並び、活気溢れるバンコクの街で見かけた物乞いをする人たち。 渋滞する大きな道路に架る歩道橋の上だとか階段の下とかに、汚れた服を着た人が小さな入れ物を置き坐っていたりする。 日本でもホームレスとか存在するし、どこの国にも貧困層は存在するけれど、パッケージツアーにしていたら観光地ばかりしか回らず、そういう人がいる現実を知らないでいたかも知れない。 自分たちで街を歩いたり移動することによって色々見れたことが良かったのかと思う。
それと、アジアの旅行は30年振り。 今は観光地はどこもトイレが綺麗で、旅行しやすくていいね。 約4年前に行ったペルーも、浄化設備が整っていないので紙はトイレに流せなかったけれど(横にバケツがあり、そこに使用済みの紙を捨てる)、観光地のトイレは水洗で綺麗だった。 タイのトイレもエレファントライドの場所はちょっと綺麗じゃなかたけれど、ほかは綺麗だった。 若い人は知らないだろうけれど、昔は日本の観光地のトイレも臭い汚いとこも多かったけれど、今はどこも綺麗だよね。 汚い臭いトイレって、今は観光地にはどこの国でもあんまりないのかしら? でも、女性ってトイレ事情って気になるでしょ。 トイレが綺麗って大事なこと、タイはその点で思ったよりずっと旅行しやすかったなぁ。
食べ物はちょっと辛いけれど、日本人の口にあうよね。東京にはタイ料理やも結構あるし、帰国後、実はあちこち食べに行ったりしてるんだ。でも、やっぱりタイで食べた方が美味しかったし、またタイに料理も食べに行きたいなぁ。
Comments (-)Trackbacks (-) | タイ旅行(2012 9/6~11)

タイ旅行記。9月10日(5日め)バンコク、あれこれ。

時々記憶が飛んでいて思い出せない部分がある、困ったもんだ。段々雑な文章になっている気がする・・・

5日めはフリーにしてあったので、朝からガイドブックを見ながらあれこれ考える。朝ごはんは、前日パンを買ってあったのでそれですませたと思う。(←記憶があっ曖昧)

まず、ホテルから徒歩で7〜8分のところにあるタイシルクとか小物が置いてある店に行ってみたが、まだオープンしていない。ちゃんとガイドブックを見ろや、ということで、さらに徒歩で5分ほどのヘルス・ランドというスパへ。タイ古式マッサージや足ツボマッサージ、アロマテラピーボディーマッサージなどリーズナブルな値段で受けられるが、建物も構えも高級感や清潔感がある、立派なスパ施設。予約なしで行ったので、旦那が受けたかったタイ古式マッサージは1時間待ちでうけられず、足ツボマッサージ60分を受けていた(300バーツ、約750円)。私はアロマテラピーボディーマッサージ(90分850バーツ、日本円で約2100円)を受けた。臭いがわからないのが残念だけど、全くスパなどの経験がないから、施術中、なんとも落ちつかない。鼻水も出てきちゃうしね。でも終わったらスッキリ爽快、体が軽い感じがした。値段、とても安いよね。次はもっとリラックスして受けられると思う。

もう昼近い時間になっていたがこれからどうするか、バス停の椅子に腰かけてガイドブックを眺め考えていたら、現地の日本人に「どこに行きたいの?」と声をかけられた。用事もないのにバス停の椅子に坐っている感じがちょっと胡散臭い気がしたが、やっぱり日本人が多いからかね。ほかの人にも声かけていたみたいだった。 で、食べるところの候補を教えてもらったが、見つからず。

思い切ってガイドブックに載っているカオマンガイで有名なお店にタクシーで行ってみた。
cimg0883.jpg

カオマンガイとは、茹でた柔らかいチキンがライスの上に乗った料理で、ライスは茹でた鳥のスープで炊いてある。辛いタイ式のタレをかけて混ぜて食べる。ここはガイドブックには載っいるが旅行客は入りにくい。 実際タイの人ばかりだし、食事が終わりそうな人の横でテーブルが空くのを待って、空いたらサッと席につく。メニューは一品だから問題ないが、現地の人に人気の店で本当に混んでいた。 ガイドブックにも載ってはいるが、旦那がテレビでこの店を見ていて知っていたから入れたが、女性だけで利用したりするには勇気がいる店だと思う。バンコクで最もおいしいカオマンガイの店と評価らしいが、30バーツ、約75円と安く、評判通り美味しかった。(肝心のカオマンガイの画像がない!!)


徒歩でBTSサイアム駅まで行くには少し距離がある(徒歩約15分ぐらい)のでトゥクトゥクで移動してみた。旦那が行き先を告げ値段を聞くと100バーツと言われたが60バーツまで値切った。でもね、支払いは80バーツを出し20バーツはチップと言って渡していた。乗り心地はよくはない。スピードは出すし、結構大胆に走る。大きなバスの横を勢いよく走ったり、怖かった。
サイアム駅にあるサイアム・パラゴンという大きなショッピングセンターでちょっと買物しモノレールでフロームボン駅に移動。日系人が経営するフジスーパーでお菓子などのお土産を購入し、一旦ホテルに戻る。

バンコク最後の日の夕御飯は、高級志向の専門店、MKゴールドでタイスキをいただきました。タイスキは初めて、美味しいかった。また食べたい。ホントに同じような場所を行ったりきたりなんだけど、タイスキを食べたのはサムアイ・パラゴンにある店だったので、またマーケットをうろうろしお菓子のお土産を購入した。

ホテルに帰るのに最寄り駅のアソーク駅を降りたら、若い二人づれの日本人の女の子に「それ、どこで買ったんですか?」と声をかけられた。マーケットで買ったタイ限定品のポッキーが袋から透けて見えていて、それについて聞かれた。ホントに日本人が多いよね。

ホテルに9時ごろ戻り翌日は早朝にホテルを出て空港に向かわなければならないので、早めに休んだ。
そんな感じで、5日めは終わる。
Comments (-)Trackbacks (-) | タイ旅行(2012 9/6~11)

9月9日(4日め)バンコク寺院と世界遺産アユタヤ ②後半~アユタヤ遺跡

(あまりにも4日目が長いので、2つに分けました。後半はアユタヤがメインです)

さて、午後から世界遺産のアユタヤに向かいます。。アユタヤはバンコクの北、高速で1時間半ぐらいのゆったりと時間が流れる、遺跡がある街。
まずはワット・ヤイ・チャイ・モンコン。

★ワット・ヤイ・チャイ・モンコン
セイロンへの留学から戻ってきた僧侶のために、1357年初代王ウー・トーンが建立されアユタヤ最古と言われる寺院とか。 多くの仏教徒が訪れ、週末は観光客で賑わう。 訪れたのは、ちょうど日曜日で駐車場もいっぱいの賑わい。
まずは、涅槃仏が横たわる。(バンコクの黄金の涅槃仏の半分ぐらいの大きさ) 足の裏にコインを貼りつくと願いが叶うんだって。3回までトライしてもいいとか聞いた。

cimg0860.jpg cimg0862.jpg

cimg0855.jpg  cimg0846.jpg  cimg0847.jpg  cimg0849.jpg


★ワット・プラ・ワハタート
↓次は、アユタヤでなんと言っても一番有名な菩提寺の木に覆われた仏教頭があるワット・プラ・ワハタート。14世紀を代表する重要な仏教寺院の遺跡で、ビルマ軍によって大半の建物や仏像が壊され、半壊状態。頭の切り落とされた仏像が並び、悲しい歴史を感じる。

cimg0865.jpg

cimg0873.jpg cimg0872.jpg cimg0869.jpg cimg0868.jpg


★ワット・プラ・シー・サンペット
↓続いてワット・プラ・シー・サンペット。歴代のアユタヤの王3人の遺骨が納められた3基の仏塔が並ぶ。

p1040703.jpg

そして、予定外。オプションで申し込みしてなかったけれどアユタヤ・エレファント・ライドに挑戦。私は全く興味がなかったんだけど、旦那は前々から象に乗りたがってて。本当はチャイマイではもっと象に乗り森林にも行けるオプションがあったんだけど、時間がなくてできなかったから、時間や距離はチェンマイより短いけれど象に乗って15分間ほどのお散歩。日本人がほとんどでした。乗り心地もよかったし、面白い体験ができたかな。

p1040725.jpg p1040727.jpg

アユタヤ観光を終え、バンコクへ戻るんだけど、解散は免税店の中。また買物する場所に連れて行かれた。ブランド物に興味がないので出口へ直行…したいが、敵もさるもの、あちこち回され、簡単には出口に辿り着けないようになってる。で、やっと出口へ。最寄り駅まで無料のトゥクトゥク(三輪車タクシー)に乗れたのはよかったけどね。

モノレールの駅に繋がる通路を歩いていたら、ビアガーデンのようなお店が目についた。なんか良さそうなので入ってみた。もう7時近くで陽は落ちているが暑い。旦那は現地のシンハービール。食事はまたもや大好きなパッタイ(タイ風焼きそば)、なんて言うんだか?チャーハンみたいなもの、とワタリガニのカレー炒めを注文。安くて美味しい。ここは普通に地元の人が利用する店で、現地の食事を味わいました。その店で隣の席に後からついたタイ人の3人組、一人は明らかにニューハーフでした。ほかの二人は普通の男女だったけれど、みんな20代くらいかな。そう言えばチェンマイからバンコクに戻る空港でコーヒーを飲んで時間つぶした時の店員もニューハーフだったなぁ。タイにはニューハーフが多いのはテレビとか知ってはいたけれど、本当に普通の日常の中で普通に生活していて、そういう人は特別な存在ではないんだってなぁと肌で感じた。

モノレールを使って9時ごろホテルに戻り、4日めは終わりです。


Comments (-)Trackbacks (-) | タイ旅行(2012 9/6~11)

タイ旅行記。9月9日(4日め)バンコク寺院と世界遺産アユタヤ ①バンコク寺院

4日めは、バンコク&アユタヤ観光のオプショナルツアーに参加。
ほかには若い夫婦2組と3人組の20代の女性、総勢9名、マイクロバス移動。バンコクは西の方角、チャオプラヤーナ川周辺に王宮やワットがあり、東側が新しい都市、高層ビルが並ぶ繁華街ななっている。

まずはバンコク観光。船着き場から渡し船で対岸の暁の寺院ワット・アルンへ。

★暁の寺院 ワット・アルン

p1040503.jpg cimg0782.jpg  

cimg0771.jpg  p1040508.jpg

大仏塔は彩色陶器の破片でモザイクされている。階段で途中まで登ることができるが、急で幅が狭くて恐い。途中から更にまた階段の幅が狭くなっていたので、途中までしか登らなかった。朝一で空いているが、日本人ばかり。それもHISのツアーばかり。関西弁やらも聞こえてくる。みんな回る順番が同じなんだろうね。しかし日本人ばかりで笑える。


渡し船で戻り、次は歩いてワット・ポーへ移動。
次のワット・ポーはすぐ近く。
↓ 徒歩移動途中の街の様子 

cimg0783.jpg cimg0784.jpg cimg0786.jpg

p1040541.jpg p1040542.jpg


★ワット・ポー
黄金涅槃仏で有名ですよね。
ツアーのいいところはガイドさんがチケットをまとめて購入してくれ、入り口を教えてくれるところ。タイの寺院は現地の人は無料です。日常の信仰に料金は取れません。なので旅行者とは入るゲートが分かれています。個人で行ったらあれこれ戸惑うだろうなぁと思う。
ここもそれほど人は多くはなく、やはり日本人率が多かった。

cimg0788.jpg  cimg0789.jpg

cimg0791.jpg cimg0794.jpg p1040550.jpg



★ワット・プラケオ(エメラルド寺院)&王宮
続いて訪れたワット・プラケオ(エメラルド寺院)&王宮。 お隣にあるので、セットで観光。 日本人以外にも東洋人が多く、すごく混んでいた。
↓ワット・プラケオ(エメラルド寺院)は建築物の数も多く、確かに見応えがある。 左から2枚目が図書館とか説明を受けた気がするが、今手元に資料ナシなので・・・。

p1040566.jpg p1040609.jpg

お気に入り画像がこれ ↓。一体一体表情も格好も違うのが面白い。

cimg0828.jpg  cimg0819.jpg  cimg0820.jpg  cimg0821.jpg


↓ ネコまで見つけた。
cimg0829.jpg  cimg0830.jpg

↓ワット・プラケオ(エメラルド寺院)・本殿の中は残念ながら撮影禁止。とても混んでいた。
cimg0809.jpg  p1040572.jpg

↓ワット・プラケオから続く王宮の宮殿。
cimg0839.jpg  p1040627.jpg
今は外国の要人が訪れた際の迎賓館として使われているとか。ワット・プラケオは服装に気をつけないと入れない。男性はハーフパンツはNG、女性は露出を控え、肩が出ている服はNG。半袖なら大丈夫だが、ブランケットやショールで隠してもダメ。でも膝下ぐらいのスカートなら大丈夫のようだった。


バンコクの3大寺院を回ってまたお土産やに寄らされた。これ、要らない。HISの日本人ツアー客とインド人ばかり。接客は日本語の話せる現地の人。タイの東部はエメラルド、ルビーが採掘されるので貴金属がメイン。
その後、ホテルのバイキングで昼食。 言わずもがな、パッとしない。


Comments (-)Trackbacks (-) | タイ旅行(2012 9/6~11)

タイ旅行記。9月8日(3日め)チェンマイ→バンコク

タイ旅行3日め。
午前中、国内線の飛行機でチェンマイ→バンコクへ。昼過ぎホテル到着。

バンコクは想像以上に高層ビルが多く近代的な大都会。東京で例えると、新宿とか渋谷とかような活気と賑わいのある街。
バンコクで利用したホテルは、モノレール駅のアソーク駅に直結するホテル、シェラトン・グランデ・スクンビットの21階。ここはよかったぁ。 部屋は広く綺麗、見晴らしもいい。近くに最近できたターミナル21というショッピングモールがある。 何より良かったのはモノレール(BTS)の駅まですぐ、地下鉄(MRT)の駅まで3分ぐらいと、交通の便が最高によかった。

ホテルから見た景色↓

p1040468.jpg  p1040469.jpg

午後は何も予定を考えていなかったので、まずは近くのターミナル21に行ってみた。
ブランド品、キプリングとかスポーツウェアの店とか、色々な若者向けの店が入り、活気に溢れている。地下の数店しかないフードコートのひとつの店で、昼ごはんにパッタイを85バーツ(日本円=約210円)で食べ、同じフロアのスーパーを覗いたり(もっと大きなフードコートは上層階にある)AKALiKoというブランドのナチュラル素材の石鹸などお土産を購入。

120915_090034_2.jpg



一度ホテルに戻り、夕方、地下鉄を利用してパッポン・ナイトマーケットへ。チェンマイは小さな街だからナイトバザールがある通りは一箇所だったが、バンコクでは何箇所かで行われている。バンコクのナイトマーケットの方が人も店もずっと多い。でも、雑貨や小物、若者向けの服は要らないし、バックなどは明らかにバッタモンだったりするので、チェンマイと同じように雰囲気だけ味わう。旦那はTシャツを購入。3枚で1000バーツ、高いと思うよ。 だってチェンマイのナイトサファリで買ったTシャツが、もっと質もいい、デザインもいい物が1枚280バーツぐらいだったから、3枚1000バーツはどうよ。相手を見て値段を言っると思うが、ぼったくられてると思うよ。(今、改めて旅行ガイドブックを見たら、観光客が多いので値段が高め、値切れるので交渉を楽しみたい人にはうってつけと書いてある。普段値切る旦那が、何故かここでは面倒だからと少しだけしか値切らなかった)
↓ちなみに、バンコクの朝夕の交通渋滞の様子。全く動かなくなるので、移動は地下鉄かモノレールがいい。

p1040482.jpg



ナイトマーケットをざっと回り、地下鉄でアソーク駅に戻り、またターミナル21、高層階の大きなフードコートへ。 安いので現地の人や観光客がたくさん。すでに夜7時近かったのでホテルでのんびりしたかったから、多分ラーブ・ムーという料理ともう一品炒める物とライスの盛り合わせをテイクアウトしホテルに戻る。私には辛かった。


3日めは昼も夜もターミナル21のフードコートの安い物で食事を済ませ、お金をかけないで終わる。
続く4日めは旅のハイライト、バンコクの有名な寺院を巡り世界遺産アユタヤへ行くツアーへ。

Comments (-)Trackbacks (-) | タイ旅行(2012 9/6~11)

臭わない。

ここ1〜2年、味覚と臭覚が鈍っているのは感じていたけれど、旅行前に体調を崩してから益々ひどくなってしまった。

タイに着いてすぐに乗ったタクシーも、タイっぼい匂いがしたらしい。 アロママッサージを受けたけれど、鼻水が垂れて困った、もちろん全くアロマの香りは感じてない。
向こうでタイらしい香りを感じられず帰宅。

そして。
今日の夕御飯はカレー。 カレーも臭わない。自分でも驚いた。
ちょっと忙しいんだよね。 落ち着いたら耳鼻科に行かないとダメだね。


* pm7時55分 携帯より
Comments (-)Trackbacks (-) | 味覚・臭覚障害

タイ旅行記。9月7日(2日め)チェンマイ寺院巡りとナイトサファリ

チェンマイ2日め。

まずオプショナルツアー、チェンマイ観光に参加。参加者はもう一組、福岡から来られた母娘さんと4人。朝から雨。
タイは仏教国。信仰心も高いので、観光名所は寺院、ワットと呼ばれるところ巡りが多い。チェンマイには300もの寺院が存在するが、有名どころ4ヵ所を巡る。

★ワット・プラ・タート・ドイ・ステープ
最初に標高1000mほどの山にあるワット・プラ・タート・ドイ・ステープという寺院へ。
チェンマイの市街から車で約30分。
雨が強くなっていたが、地元の人が雨に打たれながら参拝していた。

cimg0706.jpg  cimg0712.jpg
p1040187.jpg  cimg0711.jpg

続いては山を下り、3つの寺院を巡ります。


★ワット・プラシン
チェンマイで最高の格式を誇る最大のワット
↓ ここは、礼拝堂

 cimg0722.jpg  cimg0721.jpg

cimg0717.jpg

↓ここが、本堂
cimg0730.jpg  cimg0723.jpg


★ワット・チェディ・ルアン
↓まず仏塔。  大きくて全体が納まりきらない。 劣化が激しく、上の方などかなり壊れています。
cimg0733.jpg  cimg0742.jpg
cimg0743.jpg

仏塔の横には、涅槃仏やちょっとユニーク・おデブさんな仏像も。↓

cimg0737.jpg  cimg0734.jpg


本殿↓です。 仏塔はかなり年代者でしたが、こちらは新しく、こじんまりしてます。
cimg0749.jpg  cimg0745.jpg
朝はかなりの雨降りだったのに、すっかり上がり途中で青空が見える。 
山間の街は天気が変わりやすい。




★ワット・チェン・マン
cimg0750.jpg  p1040268.jpg



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


寺院巡りの後、昼ごはんは某ホテルのバイキング。
 p1040275.jpg  p1040276.jpg
ツアーってホテルバイキングを利用することが多いけど、味はだいたいイマイチなんだよね。美味しいものを期待しすぎかな? このほか麺も持ってきたけれど、麺類は美味しかった。 でも前日の夜食べたパッタイの方が安いし美味しかったなぁ。
食事の後はお土産やへ。 ツアーってお土産やにも連れて行かれるのが嫌だわぁ。某旅行会社は「お土産やには寄りません」と唄っているけれど、その分料金が高い。 うちはいつも安いツアー利用なのでホテルのバイキングのあと、お土産やに連れて行かれた。これがないといいんだけどね。
お土産やに寄ったら寺院巡りのオプショナルツアーは終了。

3時半ぐらいにホテルに帰ってしばらく休み、別のオプショナルツアー、ナイトサファリに参加。

まず午後6時前にホテルのロビー集合と言われていたが、参加者はうちら夫婦だけだった。 サファリに行く前に夕御飯を食べにお店に行ったが、華僑の人がやっているのか、タイ風中華料理みたいな料理。ここもあんまり美味しくなかったなぁ。しかも現地のガイドさんと運転手さんは外で待ってたり、お客ははうちらだけでお店の女の子が二人近くに立っていたりで落ち着かなかったし。ツアーって行きたい場所に効率よく連れてくれるのはいいけれど、食事はいまいちダメだね。

★ナイトサファリ

フラッシュはNG。 真っ暗な中の撮影、上手く撮れてませんが)
p1040327.jpg  p1040346.jpg
夕食後、ナイトサファリへ。 ここはとても楽しかった。タイの現地の学生さんの修学旅行客かな?という女の子達の団体とか、インド人とかのアジア系の人が多かったような気がする。 40人ぐらいが乗れるカートが2台繫がっていて、タイ語のガイドのカートと英語のガイドのカートを選んで乗る。 カートには窓とかがないので、キリンや鹿が間近に餌をもらいにやってくる。特にキリンは長い首を曲げカートの中に首を突っ込んできたり、舌を出してきたり。 参加する前、マイクロバスとか車の中から動物の様子を見るだけかと思っていたので、キリンがあまりに近くにくることにビックリ。2つのブースに分かているんだけれど、最初のブースの人の英語は聞き取りづらかったが、2つめの人の英語は聞き取り安かった(英語は苦手けど、なんとなく聞き取れた) 。 
思っていたよりずっと近くに動物がいたし、真っ暗闇をカートが進むんだけれど結構スピードで進むので、まるでジェットコースタに乗ってるみたいな怖さがあって、時々キャキャー悲鳴が上がったりで、私もさらにテンションが上がってしまった。予想以上の楽しさで、このオプションを選んで正解だった。 ここのナイトサファリは世界一の敷地面積とか。

夜10時過ぎにホテルに帰り2日目は終る。
(↓チェンマイ@ホテルの部屋から)
p1040129.jpg  cimg0701.jpg



ちなみに、チェンマイのオプションは、ほかに象乗り体験とか、山岳民族(首長族など)に出会うツアーなどがある。 うちら夫婦は参加してない。


翌日8日は、午前中にバンコクへ移動です。
Comments (-)Trackbacks (-) | タイ旅行(2012 9/6~11)

タイ旅行記。9月6日(1日め)成田→バンコク、スワンナブーム空港→チェンマイ

初日は移動日。 成田11時発、タイ国際航空利用でタイのバンコクにあるスワンナブームへ。飛行時間約6時間。機内食1回、カレーか肉が選べた。出発前に下痢したのでカレーはやめ、肉を頼んだがほとんど食べてない。写真を撮らなかったので記憶がなくてわからないが、美味しくなくて食欲が湧かなかった、それでほとんど残したと思う。でもミックスジュースがとても美味しいかった。さらに到着1時間前に軽食、ツナみたいなサンドイッチが出る。これはまあまぁの味。
現地時間午後3時半頃バンコク、スワンナブーム着、国内線に乗換え北部の街チェンマイへ。飛行時間は1時間ぐらい。チェンマイに着いたのは午後6時を過ぎ7時近く、もう日が暮れた時間だった。ちなみにタイの時差はマイナス2時間。タクシーで15分ほどのホテルへ。


cimg0701.jpg

チェンマイは山間の田舎の街。 道もあまりきれいに舗装されていないし、ホテルもあまりグレードが高い高級なホテルはない。バックパッカーが利用するようなチープな宿はかなりありそう。私たちはチェンマイでは贅沢はせず、そこそこのホテルを手配したが、アメニティグッズは揃っていて当然と思っていたのだけれどシャンプー、石鹸はあったが歯ブラシがなかった。(歯ブラシは後でセブンイレブンで調達)このホテル、ほかにシャワーは水はけが悪いし、タオルやスリッパも使いこんだ、黄ばんだ感じ。特にスリッパはクリーニングしてあるのか不安になるような使いシワがある。日本人が利用するホテルの中で中程度のグレードだし田舎だし仕方ないのか。

↓ ホテル到着後、すぐにホテルから徒歩3分ほどの屋台のお店が並ぶナイトバザールへ。      
p1040134.jpg
うーん、Tシャツとかアクセサリー雑貨とかあるが質は良くない感じ。私ら大人がほしいものはなく雰囲気だけ味わう。

夜ご飯はナイトバザールが並ぶ通りの店でパッタイ(タイ風焼きそば)を食べていたら、急な雨、スコールに遭遇。 バケツをひっくり返すような雨。カウンターや店の奥は壁があるが、店の半分は扉や壁がない屋根付きのお店だから雨が吹き込む。みんな店の奥に引っ込み雨から逃げる。
↓ これが私の大好きな「パッタイ」、タイ風やきそば。麺は米粉です。
cimg0693.jpg p1040149.jpg

本場の味はやはりおいしかった。 パッタイ最高!!
商売上手なんだよね、屋台では早速、傘やレインコート、ポンチョを売り始めている。1時間ぐらいで小雨になったので安いポンチョを買って慌ててホテルに戻った。ポンチョ、ちょっと引っ張ると破れるような質の悪いビニールのもの。旦那が支払いしたから値段はわからないが、観光客相手にかなりぼったくった値段で売っていると思う。日本じゃ絶対に買わないような物だけれど、まぁ、それで現地の人たちは細々と生活してい
るんだら仕方ないか…。

ナイトバザールもホテルにも西洋人が多い。チェンマイは日本人はあんまりいない感じがした。鼻水が出て臭いが全くわらない。国や土地によって臭いが違うと思うが、今回の旅の間、ほとんど臭いを感じられなかったのが残念。

まずは、そんな感じのタイ旅行一日め。
Comments (-)Trackbacks (-) | タイ旅行(2012 9/6~11)

ただいま。

昨日、11日の夕方、成田に帰りつきました。 体調もよく(鼻水と咳が出るくらい)、タイ旅行を満喫してきました。 洗濯物やお土産、スーツケースの中に荷物がたくさん。 片付けに追われています。
感想。。。日本人がたくさん。色々見て食べて経験して、楽しかった~。
ちょっとづつ、旅行記をUPしたいと思います。
Comments (-)Trackbacks (-) | タイ旅行(2012 9/6~11)

出発。

何とか行ける。
携帯の電池なし。
(>_<)
Comments (-)Trackbacks (-) | タイ旅行(2012 9/6~11)

いよいよ明日。薬、持参の旅。

昨日の夕方から平熱になったので、だいぶ楽になりました。 お腹はまだゆるいので、午前中に医者へ行き薬を出してもらいました。

結局、旅には薬持参です。 急性咽頭炎の薬残り2日分、整腸剤6日分、どうしようもない時の下痢止め4日分。

  120905_120024.jpg


↑一回分づつ袋分け。


いやぁ、私ってこんなに体が弱かったっけ?と思います。
でも、熱がないので体は楽になり、なんとかなりそうでホッとしました。
体調不良で家事、旅仕度、雑用が溜まってしまっています。頑張ろう!っと。

* pm 12時30分 携帯より
Comments (-)Trackbacks (-) | タイ旅行(2012 9/6~11)